学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

»第13回|»第12回|»第11回|»第10回|»第9回|»第8回|»第7回|»第6回|»第1回(ネ)|»第5回|»第4回|»第3回|»第2回|»第1回

JHPCN: 学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点
第11回  シンポジウム

   
開催日: 2019年7月11日(木),12日(金)
開催場所: THE GRAND HALL(品川)
〒108-0075 東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー 3F
会場へのアクセス
定  員: 250 名
参加登録: シンポジウム参加無料(事前登録制), 懇親会 4,000 円
→ 事前登録は締め切りました
シンポジウム当日も受け付けております.
 
主  催: 学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点
  北海道大学情報基盤センター 、 東北大学サイバーサイエンスセンター、
  東京大学情報基盤センター、 東京工業大学学術国際情報センター、
  名古屋大学情報基盤センター、 京都大学学術情報メディアセンター、
  大阪大学サイバーメディアセンター、 九州大学情報基盤研究開発センター
内  容: ・平成30年度実施課題研究成果報告
・平成31年度採択課題研究内容紹介
・平成30年度実施萌芽課題研究成果報告
・平成31年度採択萌芽課題研究内容紹介
備  考: 第8回シンポジウムより、白黒印刷の資料集(前年度共同研究課題の最終報告書)の配布を廃止しております。平成30年度共同研究課題の最終報告書については、こちらからダウンロードいただけます。
全課題分

日程の概要

7月11日(木)

8:30 受付開始
10:0010:05 主催者挨拶 総括拠点長 田浦 健次朗
(東京大学 情報基盤センター長 教授)
10:0510:15 文部科学省挨拶
10:1512:00 セッションA 超大規模数値計算系応用分野
超大容量ネットワーク技術分野
超大規模情報システム関連研究分野
複合研究分野
12:0012:10   HPCI共用ストレージの紹介
13:1515:15 セッションB 超大規模データ処理系応用分野
超大容量ネットワーク技術分野
超大規模情報システム関連研究分野
複合研究分野
15:3017:30 セッションC 超大規模数値計算系応用分野
複合研究分野
17:3018:30 ポスター発表 ポスター発表(ホールホワイエ)
18:30 懇親会 会場(ホールホワイエ)

7月12日(金)

9:0010:30 セッションD 超大規模数値計算系応用分野
10:4512:30 セッションE 超大規模数値計算系応用分野
13:3015:30 セッションF 超大規模数値計算系応用分野
15:4517:45 セッションG 超大規模数値計算系応用分野
超大規模データ処理系応用分野
17:4518:00 閉会挨拶 共同研究課題審査委員長 青木 尊之
(東京工業大学 学術国際情報センター 教授)

プログラム

7月11日(木)

10:1512:00 【セッションA】 超大規模数値計算系応用分野
超大容量ネットワーク技術分野
超大規模情報システム関連研究分野
複合研究分野
座長: 江川隆輔(東北大学)
jh180017-NAH 熱中症リスク評価シミュレータの開発と応用
平田晃正(名古屋工業大学)
jh180021-NAJ 中間質量ブラックホールの理解に向けた星の衝突・破壊 に関する研究
谷川衝(東京大学)
jh180040-NAH 大規模津波浸水被害推計シミュレーションのマルチプラットフォーム向け最適化手法の研究
撫佐昭裕(東北大学)
jh180054-ISJ HPCと高速通信技術の融合による大規模データの拠点間転送技術開発と実データを用いたシステム実証試験
村田健史(情報通信研究機構)
jh180020-ISJ 高分子材料の破壊・構造形成時の2次元散乱パターンとディープラーニング分析技術の開発
萩田克美(防衛大学校)
jh180076-NWH 可視化用粒子データを用いた In-Situ 可視化システムの SIMD 最適化
河村拓馬(日本原子力研究開発機構)
jh180080-MDJ Gyrokinetic simulation of divertor heat-load in magnetic fusion devices
森高外征雄(核融合科学研究所)
13:1515:15 【セッションB】 超大規模データ処理系応用分野
超大容量ネットワーク技術分野
超大規模情報システム関連研究分野
複合研究分野
座長: 木戸善之(大阪大学)
jh180007-MDH エアリード楽器および音響機器における大規模音響流体解析
高橋公也(九州工業大学)
jh180061-NAH 高精細計算を実現するAMR法フレームワークの高度化
下川辺隆史 (東京大学)
jh180024-MDJ Physiologically realistic study of subcellular calcium dynamics with nanometer resolution
中島研吾(東京大学)
jh180027-DAJ High-performance Randomized Matrix Computations for Big Data Analytics and Applications
片桐孝洋(名古屋大学)
jh180059-NWH 端末・エッジ・クラウド連携の三位一体による「考えるネット ワーク」の研究
中尾彰宏(東京大学)
jh180073-DAH Deep Learningを用いた医用画像診断支援に関する研究
佐藤一誠(東京大学)
jh180077-ISJ Software-Defined IT インフラストラクチャにおけるオーケストレーションに向けた資源管理システム
渡場康弘(大阪大学)
jh181001-NWJ 財務ビッグデータの可視化と統計モデリング
地道 正行(関西学院大学)
15:3017:30 【セッションC】 超大規模数値計算系応用分野
複合研究分野
座長: 深沢圭一郎(京都大学)
jh180082-MDHC** 生体高分子内・分子間における弱い相互作用の検討から触媒設計への応用
牛島知彦(日本ゼオン株式会社)
jh180003-NAH 電磁流体力学乱流の高精度・高並列LESシミュレーションコード開発研究
三浦英昭(核融合科学研究所)
jh180006-NAH 核融合プラズマ研究のための超並列粒子シミュレーションコード開発とその可視化
大谷寛明 (核融合科学研究所)
jh180009-NAH 乱流混合と内部自由度のあるマイクロ粒子巨大集団との相互作用
後藤俊幸(名古屋工業大学)
jh180018-NAJ 超並列宇宙プラズマ粒子シミュレーションの研究
三宅洋平(神戸大学)
jh180023-NAH 高性能・変動精度・高信頼性数値解析手法とその応用
中島研吾(東京大学)
jh180026-NAJ High Performance Computational (HPC) Studies on Beyond the Standard Model of Particle Physics using Atoms and Molecules
DAS BHANU PRATAP(東京工業大学)
jh180028-NAJ 非局所弾性理論に基づく格子欠陥力学場のアイソジオメトリック解析
垂水竜一(大阪大学)
17:3018:30 【ポスター発表】 ポスター発表(ホールホワイエ)

7月12日(金)

9:0010:30 【セッションD】 超大規模数値計算系応用分野
座長: 永井亨(名古屋大学)
jh180012-NAHI* Hierarchical low-rank approximation methods on distributed memory and GPUs
横田理央(東京工業大学)
jh180022-NAHI* Innovative Multigrid Methods
中島研吾(東京大学)
jh180081-NAHI* Optimisation of Fusion Plasma Turbulence Code toward Post-Petascale Era III
朝比祐一(量子科学技術研究開発機構)
jh180070-NAH 堆積炭塵爆発に対する大規模連成数値解析
松尾亜紀子(慶應義塾大学)
jh180030-NAJ Large scale simulation on detonation propagation in disk-shaped rotating detonation engine combustor
松尾亜紀子(慶應義塾大学)
jh180032-NAJ Cartesian-Based CFD/CAA Hybrid Method for Noise Prediction in Aerospace Fields
佐々木大輔(金沢工業大学)
10:4512:30 【セッションE】 超大規模数値計算系応用分野
座長: 塙敏博(東京大学)
jh180034-NAH MPF法によるトポロジー最適化を用いた負荷バランスとノード間通信低減を両立させる動的領域分割の開発
青木尊之(東京工業大学)
jh180035-NAH 界面に適合するAMR法を用いた非圧縮性気液二相流の完全陽解法計算とGPU実装
青木尊之(東京工業大学)
jh180036-NAH データ同化による粒界異方性物性データベースの構築と大規模フェーズフィールド粒成長計算
高木知弘 (京都工芸繊維大学)
jh180041-NAH 格子ボルツマン法による都市街区を対象とした物質拡散シミュレーション
小野寺直幸(日本原子力研究開発機構)
jh180042-NAH 高密度領域まで適用可能なモンテカルロ法の開発と有限密度2カラーQCDの相図の決定
飯田圭(高知大学)
jh180043-NAH 時空間領域境界積分方程式法の高速解法の開発と巨大地震シミュレーションへの応用
安藤亮輔(東京大学)
jh180044-NAJ 圧力発展格子ボルツマン法による大規模気液二相流GPUコードの開発ならびに多孔体浸潤液滴シミュレーション
金田昌之(大阪府立大学)
13:3015:30 【セッションF】 超大規模数値計算系応用分野
座長: 渡邊寿雄(東京工業大学)
jh180045-NAH 高精度・高分解能シミュレーションを用いた銀河の形成・進化史の探求
三木洋平(東京大学)
jh180048-NAH 大規模粒子法による大型クルーズ船の浸水解析
橋本博公(神戸大学)
jh180049-NAH 非均質・異方性材料中を伝搬する弾性波動解析手法の開発と非破壊検査への応用
斎藤隆泰(群馬大学)
jh180050-NAJ 分子動力学計算ソフトウェアMODYLASのストロングスケーラビリティ向上のための演算および通信性能最適化
安藤嘉倫(名古屋大学)
jh180051-NAJ 埋め込み境界法に基づく大規模混相流解析法の高度化と工学応用
高橋俊(東海大学)
jh180029-NAJ Implementation of parallel sparse solver on CPU-GPU hybrid architecture
鈴木厚(大阪大学)
jh180053-NAJ ドメインウォールフェルミオンを用いた格子QCDによる中間子質量生成機構の研究
関口宗男(国士舘大学)
jh180057-NAJ 大規模計算資源を援用した有翼式宇宙往還機の実用的なエアフレーム・推進統合設計
金崎雅博(首都大学東京)
15:4517:45 【セッションG】 超大規模数値計算系応用分野
超大規模データ処理系応用分野
座長: 牛島省(京都大学)
jh180058-NAH 格子ゲージ理論によるダークマターの研究
飯田英明(慶應義塾大学)
jh180060-NAH 粒子法の基盤理論整備と大規模流体シミュレータへの展開
井元佑介(京都大学)
jh180062-NAJ 複雑流動場における物質移行過程の解明を目指した大規模数値計算:実験計測データとの比較による数値モデルの構築
恒吉達矢(名古屋大学)
jh180065-NAH 豪雨災害の被害予測に向けた土粒子-流体-構造の大規模連成解析の国際標準V&V例題の確立
浅井光輝(九州大学)
jh180069-NAH GW space-timeコードの大規模な有機-金属界面への適用に向けた高効率化
柳澤将(琉球大学)
jh180052-NAJ 地盤の非線形応答を考慮した地震波シミュレーション:強震動予測と震源過程解析
竹中博士(岡山大学)
jh180079-NAH 分散型プラズマアクチュエータと物体形状の統合最適設計による仮想空力形状の実現
松野隆(鳥取大学)
jh180067-DAJ 大規模な強化学習技術の実証と応用
金子知適(東京大学)

ポスターセッション

【超大規模数値計算系応用分野(NA:Numerical analysis】
jh190003-NAJ 有限温度量子色力学のダイナミクス
鈴木博 (九州大学)
jh190006-NAJ 電磁流体力学乱流の高精度高並列LESシミュレーションコード開発研究
三浦英昭 (核融合科学研究所)
jh190007-NAH 核融合プラズマ研究のための超並列粒子シミュレーションコード開発とその可視化
大谷寛明 (核融合科学研究所)
jh190008-NAH 熱中症リスク評価シミュレータの開発と応用
平田晃正 (名古屋工業大学)
jh190011-NAJ 粒子法の基盤理論整備とマルチフィジックスシミュレータへの展開
荻野正雄 (大同大学)
jh190014-NAH 日本全土の洪水氾濫被害推定の高精度化
風間聡 (東北大学)
jh190015-NAJ Developing Accuracy Assured High Performance Numerical Libraries for Eigenproblems
片桐孝洋 (名古屋大学)
jh190016-NAJ 超並列宇宙プラズマ粒子シミュレーションの研究
三宅洋平 (神戸大学)
jh190018-NAH 乱流混合と内部自由度のあるマイクロ粒子巨大集団との相互作用
後藤俊幸 (名古屋工業大学)
jh190019-NAJ 全電子混合基底第一原理計算法を活用したネットワーク型エネルギー絶対値算定マテリアルインフォマティクス
川添良幸 (東北大学)
jh190021-NAJ 白色矮星の爆発の大規模並列シミュレーションで探る元素の起源
谷川衝 (東京大学)
jh190022-NAJ High performance simulations using FreeFem++ on mixed distributed- plus shared-memory architecture
鈴木厚 (大阪大学)
jh190024-NAH 粒界異方性を考慮した粒成長の大規模フェーズフィールドシミュレーション
高木知弘 (京都工芸繊維大学)
jh190028-NAH 格子欠陥力学場のアイソジオメトリック解析
垂水竜一 (大阪大学)
jh190029-NAH 高密度領域まで適用可能なモンテカルロ法の開発と有限密度2カラーQCDの相図の決定
飯田圭 (高知大学)
jh190030-NAH 大規模津波浸水被害推計シミュレーションのマルチプラットフォーム向け最適化手法の研究
撫佐昭裕 (東北大学)
jh190031-NAJ Investigation of Sound-Flow Interaction of Acoustic Liner using CFD/CAA Hybrid Approach
佐々木大輔 (金沢工業大学)
jh190032-NAH 圧力発展格子ボルツマン法による大規模気液二相流GPUコードの開発ならびに多孔体浸潤液滴シミュレーション
金田昌之 (大阪府立大学)
jh190035-NAJ 格子量子色力学に基づく初期宇宙の諸性質の精密解析
北澤正清 (大阪大学)
jh190036-NAH 気液二相デトネーションに対する大規模数値解析
松尾亜紀子 (慶應義塾大学)
jh190038-NAJ 大規模並列計算による格子の最短ベクトル探索の効率化に関する研究
照屋唯紀 (産業技術総合研究所)
jh190041-NAHI* Innovative Multigrid Methods
中島研吾 (東京大学)
jh190042-NAH 高性能変動精度高信頼性数値解析手法とその応用
中島研吾 (東京大学)
jh190043-NAHI* Hierarchical low-rank approximation methods on distributed memory and GPUs
横田理央 (東京工業大学)
jh190044-NAH 3次元非圧縮一様乱流の超並列計算に向けて
岡本直也 (愛知工業大学)
jh190045-NAH 異なる数値解析手法による未解明な斜面災害の大規模流動シミュレーション
森口周二 (東北大学)
jh190046-NAH 時空間領域境界積分方程式法の高速解法の開発と巨大地震シミュレーションへの応用
安藤亮輔 (東京大学)
jh190048-NAH カイラルフェルミオンを用いた格子QCDによる中間子質量生成機構の研究
関口宗男 (国士舘大学)
jh190049-NAH アンサンブル計算に基づく汚染物質拡散予測の開発
小野寺直幸 (日本原子力研究開発機構)
jh190050-NAH 原子炉内熱流動解析コードのGPU実装および適合細分化格子法の導入
小野寺直幸 (日本原子力研究開発機構)
jh190051-NAH GPUコードならびに多倍長精度アルゴリズムを用いた有限密度QCDにおける相構造の研究
若山将征 (大阪大学)
jh190054-NAH 界面に適合するAMR法を用いた非圧縮性気液二相流の完全陽解法計算とGPU実装 - 液膜泡沫への適用 -
青木尊之 (東京工業大学)
jh190057-NAJ 高精度高分解能シミュレーションを用いた銀河の形成 進化史の探求
三木洋平 (東京大学)
jh190061-NAH 海上輸送の革新に向けた自動操船用AIの開発
橋本博公 (神戸大学)
jh190062-NAH GW space-timeコードの大規模な有機-金属界面への適用に向けた高効率化
柳澤将 (琉球大学)
jh190063-NAJ 物理的なクォーク質量におけるエネルギー運動量テンソルの研究
谷口裕介 (筑波大学)
jh190064-NAH AMR法を適用したLBM計算の大規模化に向けたフレームワークの拡張
下川辺隆史 (東京大学)
jh190065-NAHI* Modernizing and accelerating fusion plasma turbulence codes targeting exa-scale systems
朝比祐一 (量子科学技術研究開発機構)
jh190068-NAH 高レイノルズ数乱流のデータ科学プラットフォームの構築
石原卓 (岡山大学)
jh190072-NAJ State following of amorphous soft condensed matters : developments of high-performance computational schemes
吉野元 (大阪大学)
jh190073-NAH 非均質異方性材料中を伝搬する弾性波動解析手法の開発と非破壊検査への応用
斎藤隆泰 (群馬大学)
jh190075-NAH 大規模並列地震波シミュレーションに基づく南西諸島における地震発生メカニズムの高精度解析
竹中博士 (岡山大学)
jh190076-NAJ 分散型プラズマアクチュエータと物体形状の統合最適設計による仮想空力形状の実現
松野隆 (鳥取大学)
jh190077-NAJ 矯正歯科治療後の三次元顔形態を予測する人工知能(AI)システムの開発
谷川千尋 (大阪大学)
【超大規模データ処理系応用分野(DA:Data analysis】
jh190047-DAH Deep Learningを用いた医用画像診断支援に関する研究
佐藤一誠 (東京大学)
jh190055-DAJ 大規模ゲノム情報解析にむけた数値計算技術開発と実装
徳永勝士 (国立国際医療研究センター)
jh190066-DAH Deep neural network optimization based on dual inheritance theory and its application
篠﨑隆宏 (東京工業大学)
【超大容量ネットワーク技術分野(NW:Network】
jh191002-NWJ 財務ビッグデータの可視化と統計モデリング
地道正行 (関西学院大学)
jh191003-NWJ 高速大容量トラフィックキャプチャ/ジェネレータの開発
中村遼 (東京大学)
【超大規模情報システム関連研究分野(IS:Information system】
jh190023-ISH 超巨大ニューラルネットワークのための分散深層学習フレームワークの開発とスケーラビリティの評価
田仲正弘 (情報通信研究機構)
jh190039-ISH 高性能,高生産性を実現する大規模メモリ並列処理システムソフトウエアの研究
緑川博子 (成蹊大学)
【複合研究分野(MD:Multidiscipline】
jh190004-MDJ Whole-volume gyrokinetic simulation of magnetic fusion plasmas with in-situ data processing
森高外征雄 (核融合科学研究所)
jh190005-MDH HPCと高速通信技術の融合による大規模データの拠点間転送技術開発と実データを用いたシステム実証試験
村田健史 (情報通信研究機構)
jh190010-MDH 管楽器の大規模流体音響解析
髙橋公也 (九州工業大学)
jh190040-MDJ Physiologically realistic study of subcellular calcium dynamics with nanometer resolution
中島研吾 (東京大学)
jh190056-MDH リアルスケール社会シミュレーションのための人口合成とその応用
村田忠彦 (関西大学)
jh190070-MDJ 機械学習に基づく流体変数の未来予測と数学的背景
齊木吉隆 (一橋大学)
jh190074-MDHI* Development of Fast Surrogate for Approximating Large-scale 3D Blood Flow Simulation
下川辺隆史 (東京大学)
【萌芽型共同研究課題】
北海道大学推薦課題
EX18104 最新マルチコアメニーコアCPU環境における行列計算プログラムの性能評価
深谷猛 (北海道大学)
EX19101 比較磁気圏数値シミュレーションの研究
深沢圭一郎(京都大学)
EX19103 大規模電磁界解析と最適化法によるアンテナ伝搬の実用応用に関する研究
丸山珠美(函館工業高等専門学校)
東北大学推薦課題
EX19201 リカレントニューラルネットワークによる高解像度流体解析コードの開発
松岡浩(技術士事務所AIコンピューティングラボ)
東京大学推薦課題
EX18322 次世代気象気候ライブラリを用いた雷の発生プロセスの解明
佐藤陽祐 (北海道大学)
EX18324 AMR法を適用したデンドライト成長シミュレーションの複数GPU並列化
坂根慎治(京都工芸繊維大学)
EX19301 分子動力学計算によるアミロイド凝集様態の理論的解析
大滝大樹(長崎大学)
EX19306 高速化データ駆動科学を用いた陽電子回折実験のデータ解析
田中和幸(鳥取大学)
EX19307 医療応用を見据えた電磁界-熱伝導連成解析システムの包括的な高速化高度化
杉本振一郎(八戸工業大学)
東京工業大学推薦課題
EX19401 GPUを用いたアルカリ水電解の大規模二相流電気化学連成シミュレーション
兒玉学(東京工業大学)
EX19404 触媒表面における分子の付着離脱メカニズム解明のための分子動力学シミュレーション
馬驍(海上技術安全研究所)
名古屋大学推薦課題
EX19502 特定マルウェアのみの検知逃れを実現する敵対的学習とその対抗手法
嶋田創(名古屋大学)
大阪大学推薦課題
EX18708 高温物質中におけるクォーク間相互作用の微視的伝達機構の解明
北澤正清 (大阪大学)
EX18709 複合アニオンに起因した多軌道性と低次元性からうまれる強相関電子物性の研究
越智正之 (大阪大学)
EX18710 超高強度レーザーパルスとプラズマの相互作用による時空の歪みの観測可能性
矢野将寛 (大阪大学)
EX18711 多様な星形成環境における連星形成可能性
樋口公紀 (九州大学)
EX18712 相対論的VlasovFokkerPlanckMaxwell系に対する電荷運動量エネルギー完全保存スキームの開発と実証実験
白戸高志 (大阪大学)
EX19701 Effective Load Balancing for Distributed Large-Scale Volume Rendering Using a Two-layered Group Structure
Marcus Wallden(大阪大学)
EX19702 高イオン伝導性を示すイオン性融体の材料探索と物性予測
石井良樹(大阪大学)
EX19703 減衰全反射遠紫外 (ATR-FUV) 分光法と量子化学計算を用いた電極界面イオン液体
今井雅也(大阪大学)
EX19704 分子動力学シミュレーションによる水の誘電緩和スペクトルの起源探索
岩下拓哉(大分大学)
EX19705 密度成層地球自転存在における海洋表層乱流混合パラメタリゼーションスキームの開発
牛島悠介(京都大学)
EX19706 ハイブリッド汎関数を用いた水界面物性の第一原理分子動力学シミュレーション
大戸達彦(大阪大学)
EX19707 マルチスケールMDと剛体ドッキングによる、PPI反応過程の新しい計算手法の研
下山紘充(北里大学)
EX19708 多次元仮想座標とカップルした分子動力学法を用いたmSin3複合体の立体構造探索
速水智教(大阪大学)
EX19709 出生コーホートを用いた日本全国の位置情報と所得属性付き仮想個票の合成
原田拓弥(青山学院大学)
九州大学推薦課題
EX19801 超並列有限要素解析によるアルミニウム鋳造合金の疲労き裂発生過程の解明
桑水流理(福井大学)