学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

»第13回|»第12回|»第11回|»第10回|»第9回|»第8回|»第7回|»第6回|»第1回(ネ)|»第5回|»第4回|»第3回|»第2回|»第1回

JHPCN: 学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点
第13回  シンポジウム

更新情報

  • 2021.07.09: 当日の問い合わせ先は「参加の手引き」に案内がありますので,そちらをご覧ください.
  • 2021.07.08: 多くの方のご参加をいただき,Zoomブレイクアウトルームのルーム数制限にかかる可能性があるため,ポスターセッションを会場A・会場B双方で実施する方式に変更いたします.コアタイムには変更ございません.各発表タイトルの脇に実施会場を付記しております.
  • 2021.07.06: 参加登録をいただいていた方に接続情報を送信いたしました.以後のご登録では自動的に接続情報が返信されます.
    「参加の手引き」にブレイクアウトルーム及びSlackの使い方を追記しました.
  • 2021.07.05: 基調講演のアブストラクトを掲載いたしました.
    「参加の手引き」をアップデートしました(Slackの利用方法等を追記).
    一般発表(課題代表者以外の方のポスター発表)は締め切っておりますので参加登録時にはご注意ください.
  • 2021.07.01: 発表・参加の手引き,ポスター発表のコアタイム分け,一般発表のタイトル(7/1現在)を掲載しました.

Scope 〜計算科学・データ科学・計算機科学と学際研究の発展を目指して〜

今年度のJHPCNシンポジウムでは,機械学習の医療応用研究の第一人者であるDaniel Rückert博士(ミュンヘン工科大学)をお招きした基調講演をはじめ,全国の大型計算機センターが新規に稼働させたスーパーコンピュータのご紹介,そして国内外の第一線の研究者による多種多様な研究成果・研究内容の共有を通じ,計算科学・データ科学・計算機科学に関連する学際研究の加速を目指します.

今後の共同利用・共同研究の核となる萌芽型研究の発表に加えて,オンラインツールを用いたネットワーキングのチャンネルも複数準備し,さらなる学際研究の進展を目指します.

オンラインのメリットを活かした,ご興味のあるセッション・発表への部分参加や,JHPCNへの新規課題提案をお考えの方によるポスター発表も大歓迎です.

参加は無料となっております.大学・研究機関・民間を問わず,幅広く研究者・学生の皆様,関連職種の皆様のご参加をお待ちしております.

基調講演のご案内 ※基調講演のみの聴講も歓迎いたします

今回のJHPCNシンポジウムでは,初めての試みとして,ミュンヘン工科大学のDaniel Rückert博士をお招きした基調講演を行います.1999年に出版された胸部MRIへの自由形状変形の応用についての論文は3000回以上引用され,英国ロイヤルアカデミーフェローやIEEEフェローを務めるなど,機械学習の医療応用研究の第一人者として知られています.
今回の基調講演では,ビッグデータとAIによる創薬の未来についての先導的な知見をお話しいただきます.本講演のみの聴講も歓迎いたします.ぜひ,この機会に多くの方々のご聴講をお待ちしております.

演者:Daniel Rückert博士(ミュンヘン工科大学)
タイトル:The future of medicine in the era of big data and AI
時間:7月8日(木) 18:00 - 18:50
要旨:

Abstract: Artificial Intelligence (AI) is changing many fields across science and across our society. In this talk, we will discuss how AI is and will change the field of medicine and healthcare. In particular, we focus on how AI can support the early detection of diseases as well as help with improved diagnosis and personalised therapies. Furthermore, we will discuss how AI solutions can be privacy-preserving while also providing trustworthy and explainable solutions for clinicians. I will highlight a number of applications in radiology which demonstrate the potential of AI in medicine and healthcare. In particular I will describe how deep learning can be used for the reconstruction of medical images from undersampled data, image super-resolution, image segmentation and image classification.

発表・参加の手引き

発表・参加の際にご留意いただきたい事項を手引きとしてまとめています.
随時アップデートされますのでご注意ください.なお,ZoomやSlackのアドレスは参加登録者にメールで送信されるため,本ファイルには記載されていません.

参加登録

参加される全ての方に,参加登録をお願いしています.
参加費は無料です.基調講演のみの聴講も歓迎いたします.ぜひご登録ください!

参加登録期間
・開始:6月18日前後を予定→公開しました
・ポスター発表をされる方(JHPCN課題・萌芽課題代表者を除く):6月25日まで→締め切りました.
・上記以外の方:シンポジウム終了まで

接続情報の送信:
Zoom(プレゼンテーション)およびSlack(質疑応答)の接続情報を7月6日前後にお送りします.
7月6日以降に登録された方には,接続情報を登録確認メールに記載してお送りします.

スケジュール:7月8日(木)

10:00~10:10 主催者挨拶: 総括拠点長 田浦 健次朗 (東京大学 情報基盤センター長 教授)
10:10~10:20 来賓挨拶:宅間 裕子 様(文部科学省 計算科学技術推進室長)

10:20~12:00 オーラルセッション1 (A会場・B会場)
13:20~14:00 新規提供計算資源紹介:東北大学,東京大学,大阪大学 (A会場)
14:00~17:40 オーラルセッション2 (A会場・B会場)
18:00~18:50 基調講演 (A会場)

スケジュール:7月9日(金)

10:00~12:00 オーラルセッション3 (A会場・B会場)
13:00~13:30 ポスターセッション コアタイムA (A会場・B会場)
 13:30~14:00 ポスターセッション コアタイムB (A会場・B会場)
 ※Slackを用いたポスターセッションの質疑応答は会期中を通じて受け付けています
14:20~17:40 オーラルセッション4 (A会場・B会場)
17:40~18:00 閉会挨拶:共同研究課題審査委員長 片桐 孝洋(名古屋大学 情報基盤センター 教授)

オーラルセッション

プログラムPDF  

オーラルセッション:7月8日

10:00~10:05 (A会場) 主催者挨拶

10:05~10:20 (A会場) 来賓挨拶

【会場A】オーラルセッション1 座長:大宮 学(北海道大学)

10:20~10:40 jh200027-ISH 田仲正弘(情報通信研究機構)
超巨大ニューラルネットワークのための分散深層学習フレームワークの開発とスケーラビリティの評価

10:40~11:00 jh200035-NAH 武田量(北海道大学)
大動脈解離リスク評価のための流体-構造連成解析手法の開発

11:00~11:20 (休憩)

11:20~11:40 jh201003-NWJ 地道 正行(関西学院大学)
財務ビッグデータの可視化と統計モデリング

11:40~12:00 jh200052-NAH 斎藤隆泰(群馬大学)
非均質・異方性材料中を伝搬する弾性波動解析手法の開発と非破壊検査への応用

【会場B】オーラルセッション1 座長:大島 聡史(名古屋大学)

10:20~10:40 jh200015-NAH 森口周二(東北大学)
大規模シミュレーションより構築した代理モデルによる確率論的災害リスク評価

10:40~11:00 jh200059-NAH 岡元太郎(東京工業大学)
大規模地震波シミュレーションを用いた2011年東北地方太平洋沖地震の震源域構造モデルの波形トモグラフィー

11:00~11:20 (休憩)

11:20~11:40 jh200009-NAH 李根燮(岐阜大学)
回転円板上に形成される3次元境界層の特徴的な縦渦が乱流遷移に及ぼす影響

11:40~12:00 jh200028-NAH 松尾亜紀子(慶應義塾大学)
回転デトネーションエンジンのインジェクタに関する数値解析

12:00~13:20 (休憩)

企画セッション 座長:飯野 孝浩(東京大学)

13:20~14:00 【会場A】 東北大学・東京大学・大阪大学の計算機資源紹介

【会場A】オーラルセッション2 座長:深沢 圭一郎(京都大学)

14:00~14:20 jh200013-NAH 若山将征(国士舘大学)
GPUコードならびに多倍長精度アルゴリズムを用いた高密度QCD物資の研究

14:20~14:40 jh200031-NAH 飯田圭(高知大学)
高密度領域まで適用可能なモンテカルロ法の開発と有限密度2カラーQCDの相図の決定

14:40~15:00 (休憩)

15:00~15:20 jh200019-NAH 三宅洋平(神戸大学)
マルチスケール宇宙プラズマ連成シミュレーションの研究

15:20~15:40 jh200003-NAH 大谷寛明(核融合科学研究所)
核融合プラズマ研究のための超並列粒子シミュレーションコード開発とその可視化

15:40~16:00 jh200005-NAH 柏原賢二(東京大学)
大規模並列計算による格子の最短ベクトル探索の効率化に関する研究

16:00~16:20 (休憩)

16:20~16:40 jh200045-NAH 深谷猛(北海道大学)
エクサスケール時代の数値計算手法に対する性能予測技術

16:40~17:00 jh200061-NAH 柳澤将(琉球大学)
GW space-timeコードの大規模な有機-金属界面への適用に向けた高効率化
【講演キャンセル】

17:00~17:20 jh200034-NAH 荻野正雄(大同大学)
粒子法の基盤理論整備とマルチフィジックスシミュレータへの展開

17:20~17:40 jh200037-NAH 中島研吾(東京大学)
高性能・変動精度・高信頼性数値解析手法とその応用

【会場B】オーラルセッション2 座長:塙 敏博(東京大学)

14:00~14:20 jh200002-NAH 三浦英昭(核融合科学研究所)
電磁流体力学乱流の高精度・高並列LESシミュレーションコード開発研究

14:20~14:40 jh200018-NAH 青木尊之(東京工業大学)
界面に適合するAMR法を用いた非圧縮性気液二相流の完全陽解法計算とGPU実装 - MPF法による泡沫の計算 -

14:40~15:00 (休憩)

15:00~15:20 jh200048-NAH 恒吉達矢(名古屋大学)
複雑流動場におけるスカラー輸送過程の解明を目指した大規模数値計算:実験計測データとの比較による数値モデルの構築

15:20~15:40 jh200001-MDH 髙橋公也(九州工業大学)
管楽器の大規模流体音響解析

15:40~16:00 jh200006-NAH 渡邊威(名古屋工業大学)
多粒子分散系の乱流輸送に関する大規模シミュレーション

16:00~16:20 (休憩)

16:20~16:40 jh200050-NAH 長谷川雄太(日本原子力研究開発機構)
汚染物質拡散解析コードにおけるアンサンブル計算およびデータ同化手法の高度化

16:40~17:00 jh200021-NAH 石原卓(岡山大学)
高レイノルズ数乱流のデータ科学プラットフォームの構築

17:00~17:20 jh200039-NAH 金田昌之(大阪府立大学)
二相流により熱交換される複雑構造体の熱流動解析ツールの開発ならびにその現象解明

17:20~17:40 (休憩)

17:40~18:00 (休憩)

【会場A】基調講演 座長:森 健策(名古屋大学)

18:00~18:50 Daniel Rückert氏(ミュンヘン工科大学) The future of medicine in the era of big data and AI

オーラルセッション:7月9日

【会場A】オーラルセッション3 座長:南里 豪志(九州大学)

10:00~10:20 jh200023-NAHI 横田理央(東京工業大学)
Hierarchical low-rank approximation methods on distributed memory and GPUs

10:20~10:40 jh200041-NAH 藤井昭宏(工学院大学)
Innovative Multigrid Methods II

10:40~11:00 jh200036-MDHI 中島研吾(東京大学)
High resolution simulation of cardiac electrophysiology on realistic whole-heart geometries

11:00~11:20 (休憩)

11:20~11:40 jh200051-NAHI 小野寺直幸(日本原子力研究開発機構)
Scalable Multigrid Poisson solver for AMR-based CFD applications in Nuclear Engineering

11:40~12:00 jh200053-MDHI 朝比祐一(日本原子力研究開発機構)
Preparing for Exa-systems: Performance portable implementation and scalable data analysis

【会場B】オーラルセッション3 座長:渡邊 寿雄(東京工業大学)

10:00~10:20 jh200029-NAH 安藤亮輔(東京大学)
時空間領域境界積分方程式法の高速解法の開発と巨大地震シミュレーションへの応用

10:20~10:40 jh200064-NAH 高木洋平(横浜国立大学)
機械学習を用いた風環境予測精度の向上と防災技術への応用

10:40~11:00 jh200062-NAH 三好建正(理化学研究所)
ゲリラ豪雨予測のリアルタイム実証実験

11:00~11:20 (休憩)

11:20~11:40 jh200046-DAH 大島聡史(名古屋大学)
分散機械学習技術を用いた大規模医用画像処理の実現に向けた研究

11:40~12:00 jh200020-MDH 齊木吉隆(一橋大学)
機械学習に基づくマクロ経済変動の数理モデリング

12:00~13:00 (休憩)

【会場A】ポスターセッション ※Zoomブレイクアウトルームを使用

13:00~14:00 (A会場・B会場) ポスターセッション

14:0014:20 (休憩)

【会場A】オーラルセッション4 座長:滝沢 寛之(東北大学)

14:20~14:40 jh200008-NAH 片桐孝洋(名古屋大学)
Developing Accuracy Assured High Performance Numerical Libraries for Eigenproblems

14:40~15:00 jh200043-MDHI 下川辺隆史(東京大学)
Development of Fast Surrogate for Approximating Large-scale 3D Blood Flow Simulation

15:00~15:20 (休憩)

15:20~15:40 jh200047-NWH 長﨑正朗(京都大学)
ハイブリッドクラウド構築とゲノム情報解析の効率的な運用に関した研究

15:40~16:00 jh200007-NAH 平田晃正(名古屋工業大学)
熱中症リスク評価シミュレータの開発と応用

16:00~16:20 jh200042-DAH 佐藤一誠(東京大学)
Deep Learningを用いた医用画像診断支援に関する研究

16:20~16:40 (休憩)

16:40~17:00 jh200016-NAH 天本義史(九州大学)
データサイエンスに基づく高分子材料の構造物性相関

17:00~17:20 jh200060-NAH 山口容平(大阪大学)
国民生活シミュレーションに基づく住宅・業務施設のエネルギー需要予測

17:20~17:40 jh200022-DAH 村田忠彦(関西大学)
社会の分析とシミュレーションのための合成人口データ提供システム

【会場B】オーラルセッション4 座長:菊池 誠(大阪大学)

14:20~14:40 jh200010-NAH 鈴木博(九州大学)
有限温度量子色力学のダイナミクス

14:40~15:00 jh200012-NAH 高木知弘(京都工芸繊維大学)
異常粒成長の大規模フェーズフィールドシミュレーション

15:00~15:20 (休憩)

15:20~15:40 jh200025-ISH 柏崎礼生(国立情報学研究所)
広域分散プラットフォームDistcloudを用いたレジリエンスの定量的評価

15:40~16:00 jh200038-MDH 村田健史(情報通信研究機構)
HPCと高速通信技術の融合による大規模データの拠点間転送技術開発と実データを用いたシステム実証試験

16:00~16:20 jh200004-NAH 立川仁典(横浜市立大学)
分子性結晶における水素ダイナミクスと同位体効果の起源解明

16:20~16:40 (休憩)

16:40~17:00 jh200030-NAH 関口宗男(国士舘大学)
カイラルフェルミオンを用いた格子QCDによる中間子質量生成機構の研究

17:00~17:20 jh200032-NAH 兼安洋乃(兵庫県立大学)
自発磁化軸に垂直な磁場下における 自発磁化スピン三重項超伝導と電流

17:20~17:40 jh200049-NAH 北澤正清(大阪大学)
格子量子色力学に基づく初期宇宙の諸性質の精密数値解析

閉会挨拶

17:40~18:00 共同研究課題審査委員長 片桐 孝洋 (名古屋大学)

ポスターセッション(2021年度課題)

13:00~13:30 ポスターセッション コアタイムA (A会場・B会場)
 13:30~14:00 ポスターセッション コアタイムB (A会場・B会場)


jh210001-NAH 風間聡(東北大学大学院工学研究科)
日本全土の洪水氾濫被害の将来展望(コアタイムA・Zoom会場A)

jh210002-NAHI 片桐孝洋(名古屋大学・情報基盤センター)
Developing Accuracy Assured High Performance Numerical Libraries for Eigenproblems(コアタイムA・Zoom会場A)

jh210003-NAH 小野寺直幸(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構・システム計算科学センター)コアタイムA・Zoom会場A
GPU・CPU・ARMプロセッサに対する原子力CFDアプリケーション用の混合精度ポアソン解法(コアタイムA・Zoom会場A)

jh210004-NAH 三浦英昭(核融合科学研究所)
電磁流体力学乱流の高精度・高並列LESシミュレーションコード開発研究(コアタイムA・Zoom会場A)

jh210005-NAH 大谷寛明(核融合科学研究所)
核融合プラズマ研究のための超並列粒子シミュレーションコード開発とその可視化(コアタイムA・Zoom会場A)

jh210006-NAH 立川仁典(横浜市立大学・大学院データサイエンス研究科)
大規模電子状態シミュレーションを用いた結晶系における水素量子効果の研究(コアタイムA・Zoom会場A)

jh210009-MDH 村田健史(国立研究開発法人情報通信研究機構 ソーシャルイノベーションユニット 総合テストベッド研究開発推進センター)
HPCと高速通信技術の融合による大規模データの拠点間転送技術開発と実データを用いたシステム実証試験(コアタイムA・Zoom会場A)

jh210010-NAH 高木知弘(京都工芸繊維大学機械工学系)
3Dプリンタ積層造形のフルスケール凝固組織予測のための大規模フェーズフィールド格子ボルツマン計算(コアタイムA・Zoom会場A)

jh210011-DAH 佐藤一誠(東京大学大学情報理工学系研究科)
Deep Learningを用いた医用画像診断支援に関する研究(コアタイムA・Zoom会場A)

jh210012-MDH 髙橋公也(九州工業大学・大学院情報工学研究院)
管楽器および音響機器の大規模流体音響解析(コアタイムA・Zoom会場A)

jh210013-NAH 青木尊之(東京工業大学・学術国際情報センター)
アメンボの水面走行のシミュレーション(コアタイムA・Zoom会場A)

jh210014-NAH 渡邊威(名古屋工業大学・工学研究科)
多粒子分散系の乱流輸送に関する大規模シミュレーション(コアタイムA・Zoom会場A)

jh210015-NAH 荻田武史(東京女子大学現代教養学部数理科学科)
高性能かつ高信頼な数値計算手法とその応用(コアタイムA・Zoom会場A)

jh210016-NAH 飯田圭(高知大学教育研究部自然科学系理工学部門)
高密度領域まで適用可能なモンテカルロ法の開発と有限密度2カラーQCDの相図の決定(コアタイムA・Zoom会場A)

jh210017-MDH John Molina(Kyoto University / Dept. Chemical Engineering)
Development of physics informed machine learning for soft matter: polymer flows and beyond(コアタイムA・Zoom会場A)

jh210018-NWH 長﨑正朗(京都大学学際融合教育研究推進センター スーパーグローバルコース医学生命系ユニット)
ハイブリッドクラウド構築とゲノム情報解析の効率的な運用に関した研究(コアタイムA・Zoom会場B)

jh210019-NAH 田中輝雄(工学院大学 情報学部 コンピュータ科学科)
機械学習ソフトウェアへのソフトウェア自動チューニング技術の適用(コアタイムA・Zoom会場B)

jh210020-NAH 森口周二(東北大学災害科学国際研究所)
透水モデルにおける代表粒径に関する解析的検討(コアタイムA・Zoom会場B)

jh210021-MDHI 中島研吾(東京大学情報基盤センター)
High resolution simulation of cardiac electrophysiology on realistic whole-heart geometries(コアタイムA・Zoom会場B)

jh210022-MDH 中島研吾(東京大学情報基盤センター)
三次元強震動シミュレーションとリアルタイムデータ同化の融合(コアタイムA・Zoom会場B)

jh210023-NAH 安藤亮輔(東京大学 理学系研究科 地球惑星科学専攻)
時空間領域境界積分方程式法の高速解法の開発と巨大地震シミュレーションへの応用(コアタイムA・Zoom会場B)

jh210024-NAHI 横田理央(東京工業大学 学術国際情報センター)
Hierarchical low-rank approximation methods on distributed memory and GPUs(コアタイムA・Zoom会場B)

jh210026-NAH 藤井昭宏(工学院大学 情報学部)
Innovative Multigrid Methods II(コアタイムA・Zoom会場B)

jh210027-NAH 齊木吉隆(一橋大学 大学院経営管理研究科)
機械学習モデルのリアプノフ指数ならびにリアプノフベクトルの解析(コアタイムA・Zoom会場B)

jh210028-NAH 金田昌之(大阪府立大学)
⼆相流により熱交換される複雑構造体の熱流動解析ツールの開発ならびにその現象解明(コアタイムA・Zoom会場B)

jh210029-NAH 武田量(北海道大学 工学研究院)
流体-構造連成解析による大動脈解離に対する ステントグラフト留置術の評価(コアタイムA・Zoom会場B)

jh210030-DAH 大島聡史(名古屋大学 情報基盤センター)
大規模分散医用画像処理に向けた医用画像処理アプリケーションの最適化(コアタイムA・Zoom会場B)

jh210031-NAH 渡辺勢也(九州大学 応用力学研究所)
氷海船舶に作用する氷荷重のシミュレーション(コアタイムA・Zoom会場B)

jh210032-NAH 関口宗男(国士舘大学理工学部理工学科基礎理学系)
格子QCDによるスカラー中間子の質量生成機構の研究(コアタイムA・Zoom会場B)

jh210033-NAH 斎藤隆泰(国立大学法人群馬大学 環境創生部門)
NDE4.0の実現に向けた高性能波動解析技術とデータサイエンスの融合(コアタイムA・Zoom会場B)

jh210034-NAH 石原卓(岡山大学・大学院環境生命科学研究科)
高レイノルズ数乱流のデータ科学プラットフォームの構築(コアタイムA・Zoom会場B)

jh210052-NAH 金﨑雅博(東京都立大学)
プロペラ駆動小型無人機の設計検討技法の確立を目指した空力・推進・構造の実機丸ごと統合シミュレーション(コアタイムA・Zoom会場B)

jh210035-NAH 萩田克美(防衛大学校)
GPUの高速並列計算で実現する交差禁止制御可能な高分子シミュレータの開発(コアタイムB・Zoom会場A)

jh210036-NAH 望月祐志(立教大学理学部化学科)
FMOプログラムABINIT-MPの高速化と超大規模系 への対応(コアタイムB・Zoom会場A)

jh210037-NAH 荻野正雄(大同大学情報学部情報システム学科)
粒子法の基盤理論・技術整備とマルチフィジックスシミュレータへの展開(コアタイムB・Zoom会場A)

jh210038-NAH 恒吉達矢(名古屋大学大学院工学研究科)
複雑流動場におけるスカラー輸送過程の解明を目指した大規模数値計算:実験計測データとの比較による数値モデルの構築(コアタイムB・Zoom会場A)

jh210040-MDH 村田忠彦(関西大学・総合情報学部)
合成人口データによるシミュレーション支援システムの構築(コアタイムB・Zoom会場A)

jh210041-NAH 平田晃正(名古屋工業大学 大学院電気・機械工学専攻)
熱中症リスク評価シミュレータの開発と応用(コアタイムB・Zoom会場A)

jh210042-NAH 柳澤将(琉球大学理学部)
GW space-timeコードの大規模な有機-金属界面への適用に向けた高効率化(コアタイムB・Zoom会場A)

jh210044-NAH 深谷猛(北海道大学 情報基盤センター)
エクサスケール時代の数値計算手法に対する性能予測技術(コアタイムB・Zoom会場A)

jh210045-NAH 川添良幸(東北大学未来科学技術共同研究センター)
TOMBOによるネットワーク型エネルギー絶対値算定マテリアルズ・インフォマティクス(コアタイムB・Zoom会場A)

jh210046-NAH 森田直樹(筑波大学システム情報系)
グラフ構造で一般化された動的負荷分散フレームワークの構築と重合メッシュ法への適用(コアタイムB・Zoom会場A)

jh210047-NAH 三宅洋平(神戸大学計算科学教育センター)
マルチスケール宇宙プラズマ連成シミュレーションの研究(コアタイムB・Zoom会場A)

jh210049-MDH 朝比祐一(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構・システム計算科学センター)
Developping data driven analysis methods for extreme scale numerical simulations(コアタイムB・Zoom会場A)

jh210051-MDH 下川辺隆史(東京大学 情報基盤センター)
Development of Fast Surrogate for Approximating Large-scale 3D Blood Flow Simulation(コアタイムB・Zoom会場A)

jh210053-NAH 松野隆(鳥取大学)
流体制御デバイスと物体形状の統合最適設計における効率的解探索手法の検討(コアタイムB・Zoom会場A)

jh210054-NAH 岡元太郎(東京工業大学・理学院)
大規模地震波シミュレーションによる沈み込み帯の波形トモグラフィー:2011年東北地震震源域と南西諸島域(コアタイムB・Zoom会場A)

jh210056-ISH 谷川千尋(大阪大学)
矯正歯科診断・治療計画立案を行う人工知能システムの開発(コアタイムB・Zoom会場B)

jh211001-NWJ 地道 正行(関西学院大学)
財務ビッグデータの可視化と統計モデリング(コアタイムB・Zoom会場B)

ポスターセッション(2021年度萌芽課題)

13:00~13:30 ポスターセッション コアタイムA (A会場・B会場)
 13:30~14:00 ポスターセッション コアタイムB (A会場・B会場)


EX21203 高橋俊(東海大学 工学部)
直交格子法による移動境界問題の解法に関する研究 (コアタイムB・Zoom会場B)

EX21204 松岡浩(技術士事務所 AIコンピューティングラボ)
リカレント型ビット演算による縦渦挙動のマルチスケール創発解析 (コアタイムB・Zoom会場B)

EX21205 山本義暢(山梨大学)
"乱流大規模直接数値計算コードのSX-Aurora TSUBASA上での性能評価 (コアタイムB・Zoom会場B)

EX21701 岩崎昌子(大阪市立大学 理学研究科)
素粒子物理学実験への機械学習の適用研究 (コアタイムB・Zoom会場B)

EX21502 高牟礼光太郎(名古屋大学 未来材料・システム研究所)
カムテール翼の空力特性を活用したエアカーテンの空間遮断力の数値的検証 (コアタイムB・Zoom会場B)

EX21506 渡邉智昭(名古屋大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻)
圧縮性乱流中のせん断不安定性による衝撃波生成 (コアタイムB・Zoom会場B)

EX21507 金子岳史(名古屋大学 宇宙地球環境研究所)
磁気対流の影響を考慮した太陽面爆発現象の磁気流体シミュレーション (コアタイムB・Zoom会場B)

EX20101 丸山珠美(函館工業高等専門学校)
5G・IoT応用と地域課題解決のためのアンテナおよび伝搬の大規模電磁界解析 (コアタイムB・Zoom会場B)

EX20103 金崎雅博(東京都立大学)
数値流体力学による前進翼をもつ航空機主翼の低速高迎角流れに関する知見獲得 (コアタイムB・Zoom会場B)

EX20313 川面洋平(東北大学 学際フロンティア研究所)
降着円盤における微小スケール乱流の特性解明 (コアタイムB・Zoom会場B)

EX20605 原康祐(山梨大学大学院総合研究部附属クリスタル科学研究センター)
第一原理計算によるBaSi2太陽電池の接合パートナー探索 (コアタイムB・Zoom会場B)

ポスターセッション(一般発表)

13:00~13:30 ポスターセッション コアタイムA (A会場・B会場)
 13:30~14:00 ポスターセッション コアタイムB (A会場・B会場)


古井 貞隆(帝京大学 理工学部)
Clifford代数に従う実4元数を用いた(2+1)次元の時間反転不変な波動の格子シミュレーション(コアタイムB・Zoom会場B)

古井 亮司(Ryoji.info)
SARS-Cov2へのマイクロ波照射による影響の分子動力学的検証(コアタイムB・Zoom会場B)

小林 博樹(東京大学 情報基盤センター)
データプラットフォーム「mdx」の方針・運用について(コアタイムB・Zoom会場B)