学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh210026-NAH Innovative Multigrid Methods II
課題代表者 藤井昭宏(工学院大学 情報学部)
Akihiro Fujii (Kogakuin University)
概要

並列多重格子法の研究の高度化を目指した3年計画で,今年が2年目である.

昨年度は SELL-C-sigma上でのILUスムーザの研究や,AM-hCGAを利用したAMGソルバの大規模問題上での評価,さらに時間並列解法MGRITのスケーラビリティの改善などの研究を中心に行った.今年度はそれらの研究の改善を行いつつ,Fugakuマシンでの大規模問題性能評価,低精度演算の活用の研究などを進め,スケーラビリティの改善を目指して研究を進める.

報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ
無断転載禁止