学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh210047-NAH マルチスケール宇宙プラズマ連成シミュレーションの研究
課題代表者 三宅洋平(神戸大学計算科学教育センター)
Yohei Miyake (Kobe University)
概要

本研究の目的は、異なる時空間スケールをターゲットとする複数のシミュレーションモデルをプロセス間通信により協調動作させることで、マルチスケール宇宙プラズマシミュレーションを実現することである。独自に開発したコード間結合フレームワークCoToCoAを活用し、柔軟かつ省コストに連成シミュレーションを実装する。今年度は、グローバル地球磁気圏環境と人工衛星帯電現象の連結モデルをターゲットとして連成計算の実証を行う。

報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ
無断転載禁止