学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh210032-NAH 格子QCDによるスカラー中間子の質量生成機構の研究
課題代表者 関口宗男(国士舘大学理工学部理工学科基礎理学系)
Motoo Sekiguchi (Kokushikan University)
概要

格子QCDを用いてスカラー中間子の質量生成機構を明らかにするためのプログラムコード開発とシミュレーションを実施する。最終的には有限温度でカイラル対称性が部分的に回復し、臨界温度で相転移(カイラル相転移)が起こることを第1原理による大規模シミュレーションで再現することを目標とする。今年度は、昨年度に完成した格子カイラル対称性を持つ作用を使ったクエンチ近似による大規模シミュレーション用のプログラムコードをフルQCD用に改良する。

報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ
無断転載禁止