学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh210028-NAH ⼆相流により熱交換される複雑構造体の熱流動解析ツールの開発ならびにその現象解明
課題代表者 金田昌之(大阪府立大学)
Masayuki Kaneda (Osaka Prefecture University)
概要 複雑構造に流下する二相流における熱流動現象を解明するために,前年度では主に流動現象と蒸発界面について検討してきた.今年度は温度場解析の実装ならびに二相流解析で課題となる表面張力の妥当な取り扱いについて明らかにすることを目的とする.その際,熱的境界条件の取り扱いなどについて高精度化が必要となる.
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ
無断転載禁止