学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh210035-NAH GPUの高速並列計算で実現する交差禁止制御可能な高分子シミュレータの開発
課題代表者 萩田克美(防衛大学校)
Katsumi Hagita (National Defence Academy)
概要

最新のGPUを活用して、高速並列計算で実現する交差禁止制御可能な高分子シミュレータを開発する。鎖の交差禁止のON/OFFで熱力学的状態を維持できるモデルである、散逸粒子動力学法のMP-SRP法について検討する。来年度以降の本格計算に向けて、主に、GPUコードを開発するとともに、通信を含めたマルチノード・マルチGPUの利用技術についても検討する。あわせて、LAMMPSベースの既存のCPUコードの改良も行う。

報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ
無断転載禁止