学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh210013-NAH アメンボの水面走行のシミュレーション
課題代表者 青木尊之(東京工業大学・学術国際情報センター)
Takayuki Aoki (Tokyo Institute of Technology)
概要

流体の気液界面ではスケールが小さくなると表面張力が支配的になり、水より比重の大きいアメンボが水没することなくスイスイと水面を動き回る。アメンボの足は非常に細く、水面に接している面積は少ないにも関わらず十分な浮力を得ている。本研究ではアメンボの足に対して撥水性の150度の接触角を設定し、自由走行のシミュレーションによりアメンボの足と水面の相互作用の解明と推進機構の解明を行う。

報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ
無断転載禁止