学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh210009-MDH HPCと高速通信技術の融合による大規模データの拠点間転送技術開発と実データを用いたシステム実証試験
課題代表者 村田健史(国立研究開発法人情報通信研究機構 ソーシャルイノベーションユニット 総合テストベッド研究開発推進センター)
Takeshi Murata (National Institute of Information and Communications Technology)
概要

近年のビッグデータサイエンスを加速するため、9拠点をL2VPNで結ぶ全国規模の分散クラウドシステムを構築し、計算リソースを駆使した各ドメイン分野でのデータ駆動型研究およびアウトリーチを実施する。ネットワークの低遅延性と低損失性を活用し、データエンジニアやデータサイエンティストがデータの収集やデータ保存場所を意識することなく自由にペタバイト級データを解析できる柔軟で快適な学術研究環境の実現を目指す。

報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ
無断転載禁止