学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

/var/www/html/ja/docH31/./Abstract/jh190076-NAJ_Abstract.txt
jh190076-NAJ 分散型プラズマアクチュエータと物体形状の統合最適設計による仮想空力形状の実現
課題代表者 松野隆(鳥取大学) /
Takashi Matsuno(Tottori University)
概要 旧来の設計論からは得られない,多数のプラズマアクチュエータの存在を前提とした高性能な空力形状の実現を目指し,物体の物理形状とプラズマアクチュエータを統合した空力最適化による空力制御効果の最大化コンセプトの実証を目的として研究を行う.研究基盤となる最適設計手法の高速化・高効率化と,それを利用した統合最適設計試験について研究を行い,上記コンセプトによる空力制御効果の最大化と,物体形状への物理的要求達成の両立をめざす.
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1