学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

/var/www/html/ja/docH31/./Abstract/jh190074-MDHI_Abstract.txt
jh190074-MDHI Development of Fast Surrogate for Approximating Large-scale 3D Blood Flow Simulation
課題代表者 下川辺隆史(東京大学) /
Takashi Shimokawabe(The University of Tokyo)
概要 近年、動脈の血流の診断などに、数値計算力学(CFD)が使われてきている。診断にCFDと医用画像を組み合わせた方法の方が、医用画像のみを使用する方法よりも優れていることが示されてきた。しかしながら、CFDシミュレーションは計算量が多く、場合によっては数時間かかる。そこで、本研究でこのプロセスを加速する方法として、ディープラーニングを使用することで、大規模3D血流シミュレーション結果を近似的に求める高速な代替手法を構築することを目指す。
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ 個人ページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1