学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

/var/www/html/ja/docH31/./Abstract/jh190073-NAH_Abstract.txt
jh190073-NAH 非均質・異方性材料中を伝搬する弾性波動解析手法の開発と非破壊検査への応用
課題代表者 斎藤隆泰(群馬大学) /
Takahiro Saitoh(Gunma University)
概要 近年,超音波を用いた非破壊検査法に注目が集まっている.超音波非破壊検査で要求される解析は,欠陥や材料界面等による弾性波動散乱問題である.しかしながら,超音波の波長は非常に小さいため,その解析は一般的に大規模なものとなる.本研究では昨年に引き続き,非均質・異方性材料中の波動伝搬を模擬するために必要な弾性波動解析手法の開発と高度化,高速化,並列化,欠陥を特定するための逆解析手法の開発に取り組む.
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1