学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

/var/www/html/ja/docH31/./Abstract/jh190061-NAH_Abstract.txt
jh190061-NAH 海上輸送の革新に向けた自動操船用AIの開発
課題代表者 橋本博公(神戸大学) /
Hirotada Hashimoto(Kobe University)
概要 貿易立国の日本にとって海上輸送は重要なインフラであるが、人為的要因による事故は後を絶たず、さらには船員数の逼迫が深刻化しつつある.この状況を解決するには、機械による高度支援が不可欠であり、本研究では高度な判断を要する操船を自律的に行うAIを開発する。GPUスパコンを用いることで、膨大な試行と繰り返しの評価を要する学習を加速し、目的地到達と衝突回避を高度に両立するAIを実現することにより、海上物流に革新をもたらす。
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1