学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

/var/www/html/ja/docH31/./Abstract/jh190050-NAH_Abstract.txt
jh190050-NAH 原子炉内熱流動解析コードのGPU実装および適合細分化格子法の導入
課題代表者 小野寺直幸(日本原子力研究開発機構) /
Naoyuki Onodera(Japan Atomic Energy Agency)
概要 過酷事故(SA)時における原子炉内溶融物の移行挙動の解明に向けて、日本原子力研究開発機構(JAEA)で開発を進めている多相多成分熱流動解析コードJUPITERのGPU実装および適合細分化格子(AMR)法の導入による高速化を実施する。以上の高度化により、JUPITERコードの解析範囲が拡張され、事故時の炉内状況把握およびSA解析の高度化に大きく貢献できる。
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1