学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

/var/www/html/ja/docH31/./Abstract/jh190049-NAH_Abstract.txt
jh190049-NAH アンサンブル計算に基づく汚染物質拡散予測の開発
課題代表者 小野寺直幸(日本原子力研究開発機構) /
Naoyuki Onodera(Japan Atomic Energy Agency)
概要 放射性物質の拡散予測シミュレーションは社会的関心が非常に高く、迅速性および正確性が求められている。人が生活する路地や建物等を含んだ高解像度の実時間解析を実施するためには、計算機性能を最大限に引き出すことが可能な解析手法の開発が必須となる。本課題では、GPUスパコンに適した格子ボルツマン法(LBM)に対して、アンサンブルデータ同化手法を導入することで、汚染物質の拡散予測の精度および信頼性の向上を目指す。
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1