学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

/var/www/html/ja/docH31/./Abstract/jh190048-NAH_Abstract.txt
jh190048-NAH カイラルフェルミオンを用いた格子QCDによる中間子質量生成機構の研究
課題代表者 関口宗男(国士舘大学) /
Motoo Sekiguchi(Kokushikan University)
概要 強い相互作用の第一原理である量子色力学(QCD)に基づき物質を構成する最小単位であるクォークの質量の起源を解明することを目的としている。軽いクォーク質量でのシミュレーションを可能とするコードを開発することが今年度の最重要課題ある。このコードを用いて、動的クォークによるσ中間子の質量に関する試験的なシミュレーションを実施する。また、昨年度開発したコードによるa1中間子の励起状態の質量のシミュレーションを実施する。
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1