学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

/var/www/html/ja/docH31/./Abstract/jh190036-NAH_Abstract.txt
jh190036-NAH 気液二相デトネーションに対する大規模数値解析
課題代表者 松尾亜紀子(慶應義塾大学) /
Akiko Matsuo(Keio University)
概要 本研究課題では,液滴が存在する未燃混合気中を超音速で伝播する気相デトネーションを大規模計算によって数値的に可視化し,その伝播構造および機構を明らかにする事を目的とする.大規模計算を実施する事によって気液二相デトネーションを長距離伝播させて定常構造を取得し,得られた計算データに対して統計的および理論的な観点から分析を行い,その物理機構および液滴の挙動の解明を試みる.
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1