学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

/var/www/html/ja/docH31/./Abstract/jh190035-NAJ_Abstract.txt
jh190035-NAJ 格子量子色力学に基づく初期宇宙の諸性質の精密解析
課題代表者 北澤正清(大阪大学) /
Masakiyo Kitazawa(Osaka University)
概要 現在の宇宙では、クォークやグルーオンはハドロン内部に閉じ込められており、単独で観測されることはないが、初期宇宙のような超高温状態では、閉じ込めから解放され、基本自由度としてふるまっていたと考えられている。そこで我々は格子量子色力学(QCD)の数値解析により、クォーク閉じ込め相転移を研究する。具体的には、(1)相転移温度近傍におけるクォーク間相互作用変質の解析、(2)重クォーク領域におけるQCD相構造の精密解析、(3)境界条件を課した系における非等方圧力の測定、という3つの研究課題に取り組み、閉じ込め相転移を理解するための新しい物理量を探索する。
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1