学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

/var/www/html/ja/docH31/./Abstract/jh190032-NAH_Abstract.txt
jh190032-NAH 圧力発展格子ボルツマン法による大規模気液二相流GPUコードの開発ならびに多孔体浸潤液滴シミュレーション
課題代表者 金田昌之(大阪府立大学) /
Masayuki Kaneda(Osaka Prefecture University)
概要 多孔体に関連する二相流現象は工業デバイスに幅広く見受けられる一方で,その定量化が困難である.本課題では数値解析ツールの開発に際して問題となっている境界条件や界面張力由来の流れなどを組み入れ,これを用いた二相流を大規模解析することで,例えば環境保全機器における輸送現象の理解を目指す.
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1