学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

/var/www/html/ja/docH31/./Abstract/jh190030-NAH_Abstract.txt
jh190030-NAH 大規模津波浸水被害推計シミュレーションのマルチプラットフォーム向け最適化手法の研究
課題代表者 撫佐昭裕(東北大学) /
Akihiro Musa(Tohoku University)
概要 大規模な津波発生時に津波被害を20分以内に推計するシステムをスーパーコンピュータSX-ACEを用いて開発した.大規模な地震では建屋の被害や停電が広域にわたることが多い.津波被害推計を安定的に行うためには,大規模な地震がどの地域で発生しても,被災を免れたスーパーコンピュータを用いて被害推計を行うことが必要である.本研究では,複数の異なるアーキテクチャのスーパーコンピュータ上で高速に実行できるモデルを開発し,全国規模の津波浸水被害シミュレーションを実現するため,並列処理の効率化とモデルサイズの最適化を行いう.
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1