学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

/var/www/html/ja/docH31/./Abstract/jh190029-NAH_Abstract.txt
jh190029-NAH 高密度領域まで適用可能なモンテカルロ法の開発と有限密度2カラーQCDの相図の決定
課題代表者 飯田圭(高知大学) /
Kei Iida(Kochi University)
概要 原子核のダイナミクスを記述する基礎理論であるQCDは、高密度下での性質がよくわかっていない。一方、2カラーQCDは、有限密度系でも符号問題を生じない上、現実のQCDと近い性質をもつ。我々はこの系に着目し、高密度領域で発現が予想されている超流動相を含め、相状態についての第一原理計算からの知見を得る。昨年度はプログラムのチューニングを行うとともに、相図やインスタントン電荷について新しい知見を得た。今年度は継続してプログラムのチューニングを行うとともに、ハドロン質量、ハドロン間相互作用、フラックスチューブ、相境界の密度依存性を明らかにする。
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1