学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

/var/www/html/ja/docH31/./Abstract/jh190008-NAH_Abstract.txt
jh190008-NAH 熱中症リスク評価シミュレータの開発と応用
課題代表者 平田晃正(名古屋工業大学) /
Akimasa Hirata(Nagoya Institute of Technology)
概要 熱中症は、周辺環境、服装、活動環境などによって発症するリスクが大きく異なる。これらの影響を考慮し、生体内における各種パラメータ変化を時間的に追跡、熱中症のリスク評価を行い,熱中症予防の普及・啓発への貢献を目的としている。本課題では、熱帯・温帯・寒帯地域出身者の暑さ慣れや汗腺数などの相違、および初夏から晩夏における短期的な暑さ慣れなども考慮可能な熱中症リスクシミュレータの開発を行う。
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1