学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

/var/www/html/ja/docH31/./Abstract/jh190006-NAJ_Abstract.txt
jh190006-NAJ 電磁流体力学乱流の高精度・高並列LESシミュレーションコード開発研究
課題代表者 三浦英昭(核融合科学研究所) /
Hideaki Miura(National Institute for Fusion Science)
概要 衝突頻度が極めて低いプラズマ乱流を対象に、乱流の短波長成分をモデル化し、これを組み入れたシミュレーションコードの開発を行う。MHD方程式に微視的効果の一部を取り入れた拡張MHD方程式を基礎に、微視的効果の一部を現象論的モデルで代替する、ラージ・エディ・シミュレーションを行う。この目的実現のため、高速3次元フーリエ変換を改良・最適化して実装した、擬スペクトルLESコードを開発する。
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1