学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh180079-NAH 分散型プラズマアクチュエータと物体形状の統合最適設計による仮想空力形状の実現
Design of virtual aerodynamic shape by an integrated optimization of body-shape and plasma actuator installation
課題代表者 松野隆(鳥取大学) /
Takashi Matsuno(Tottori University)
概要 本研究では,放電プラズマを利用した噴流生成デバイス(プラズマアクチュエータ)による流体制御手法の高度化と新しい設計論の提案を行う.物体の物理形状と多数のプラズマアクチュエータの適用手法を統合した空力最適化を行い,空力制御効果の最大化,および、物理的要求仕様達成の両立を可能とする設計手法について検証する.解析には,JHPCN共同研究課題Jh160032-NAJで開発された高速CFDコードを用いた次世代空力応用研究プラットフォームを利用する.
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1