学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh180076-NWH 可視化用粒子データを用いた In−Situ 可視化システムの SIMD 最適化
SIMD Optimization of In-Situ Visualization System using Particle Data
課題代表者 河村拓馬(日本原子力研究開発機構) /
Takuma Kawamura(Japan Atomic Anergy Agency)
概要 計算実行時に可視化を実行するIn-Situ可視化は大規模なシミュレーションに対しても確実に可視化結果を得られるが、最先端のメニーコアアーキテクチャに対してスケーラビリティを発揮できる可視化アルゴリズムの構築は困難だった。本課題では可視化用粒子データを利用してSIMD並列化可能なIn−Situ可視化フレームワークを構築する。
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1