学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh180065-NAH 豪雨災害の被害予測に向けた土粒子-流体-構造の大規模連成解析の国際標準V&V例題の確立
Soil - structure - fluid interaction simulation for heavy rain disaster magnitude prediction and establishment of its international standard examples for V&V
課題代表者 浅井光輝(九州大学) /
Mitsuteru Asai(kyushu University)
概要 豪雨に伴う甚大な自然災害などが毎年のように発生しており,複数の仮想シナリオを設定した被害予測が可能な数値解析への期待が高まっている.防災・減災のためのマルチフィジックス解析とその大規模シミュレーションは,日本がリードしている分野であり,その地位をさらに強固に確立するためにも,国際標準となり得るV&V例題を本課題にて計画し,大規模計算を行う.なお,その実験データと解析データの両者を公開する予定である.
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1