学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh180058-NAH 格子ゲージ理論によるダークマターの研究
Dark matter from lattice gauge theory
課題代表者 飯田英明(慶應大学) /
Hideaki Iida(Keio University)
概要 ダークマター(DM)はその存在が確実なのにも関わらず、 未だ正体が分かっていない。本研究は、隠れたゲージ理論(HGT)のグルーボールがDMである場合に、どのようなHGTか可能かを格子ゲージ理論を用いて探ることを目的とする。そのため、スメアリングを用いたHAL QCD methodを用い、グルーボール間相互作用を求める。これよりその自己散乱断面積を求め、これを観測から知られているDMのそれとを比較し、可能なHGTを制限する。
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1