学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh180057-NAJ 大規模計算資源を援用した有翼式宇宙往還機の実用的なエアフレーム・推進統合設計
High Performance Computing Environment Applied to Airframe and Thrust Design of Winged Rocket For Practical Use
課題代表者 金崎雅博(首都大学東京) /
Masahiro Kanazaki(Tokyo Metropolitan University)
概要 本研究では,大規模計算環境を用い,実往還機設計に適用可能なレベルでの大規模詳細シミュレーションに基づく有翼式宇宙往還機のエアフレームと推進系などの評価法の開発を行い,多分野融合最適設計の基盤技術の応用を推進する.前年度に引き続き,各分野の専門家により組織されたグループで実施し,分野横断的に発展できる取り組みとすることも一つの目標とする.今年度は,特に空力・推進系の統合計算を遂行することを一つの目標とする.
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1