学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh180052-NAJ 地盤の非線形応答を考慮した地震波シミュレーション:強震動予測と震源過程解析
Simulation of seismic-waves incorporating non-linear responses of subsurface layers for studies of strong-motion prediction and source processes
課題代表者 竹中博士(岡山大学) /
Hiroshi Takenaka(Okayama University)
概要 日本列島では、1995年兵庫県南部地震(M7.3)、2011年東北地方太平洋沖地震(M9.0)、2016年熊本地震(M7.3)、2016年鳥取県中部地震(M6.6)などの大きな地震とそれに伴う地震災害が発生してきた。これらの地震に伴う強震動のもとでは浅部地盤は非線形挙動を示す場合があることから、地盤の非線形挙動の計算手法が強震動の理解と予測にとって必要となる。また地震断層の浅部での破壊過程を探るうえでも、地盤の非線形挙動を把握しておく必要がある。そこで本研究では、浅部地盤の非線形性を数値的に計算する順解析及び逆解析の手法の開発と、非線形計算手法の強震動予測や破壊過程解析への応用を、時間領域の差分法をもとにして進める。
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1