学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh180050-NAJ 分子動力学計算ソフトウェアMODYLASのストロングスケーラビリティ向上のための演算および通信性能最適化
Improvement of strong scalability of software MODYLAS by optimizing parallelized operations and communications
課題代表者 安藤嘉倫(分子科学研究所) /
Yoshimichi ANDOH(Institute for Molecular Science)
概要 昨年度までのJHPCN課題において汎用分子動力学計算ソフトウェアMODYLASに対してスレッド並列効率の向上およびSIMD演算への最適化を進めてきた.
本研究課題ではポスト「京」コンピュータと同じく512bit SIMD 幅を持つ Xeon Phi および Xeon Skylake-SP を主なターゲットとして, プログラム全体でのスレッド並列およびワイド SIMD 演算高効率化を実現するための研究を行うとともに, ストロングスケーラビリティ向上のためのアシスタントコアを活用したMPI通信時間削減を行う.
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ MODYLAS Webページ   名古屋大学岡崎研究室
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1