学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh180034-NAH MPF法によるトポロジー最適化を用いた負荷バランスとノード間通信低減を両立させる動的領域分割の開発
Domain Partitioning with Compatibility between Load Balance and Communication Cost using Topology Optimization of MPF Method
課題代表者 青木尊之(東京工業大学) /
Takayuki Aoki(Tokyo Institute of Technology)
概要 動的なAMR法を用いる大規模ステンシル計算などでは、単純な領域分割が行えない。空間充填曲線を用いる方法は計算負荷を均一に分割することができるが、分割された領域境界が凹凸形状になり、ノード間通信が大きなオーバーヘッドになるためにスケーリングが悪化してしまう。マルチフェースフィールド法のトポロジー最適化により、計算負荷のバランスとノード間通信の低減を両立させる動的領域分割法の開発を行う。
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1