学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh180028-NAJ 非局所弾性理論に基づく格子欠陥力学場のアイソジオメトリック解析
Isogeometric analysis for nonlocal stress field around lattice defects
課題代表者 垂水竜一(大阪大学) /
Ryuichi Tarumi(Osaka University)
概要 固体材料が示す強度や力学特性は,材料内部に存在する格子欠陥の力学場に強く依存することが知られている.本研究課題では,非局所弾性理論に基づくアイソジオメトリック解析の大型並列計算機への実装,および固体材料中の線欠陥(ボルテラ欠陥)と点欠陥(格子間原子・原子空孔)近傍に形成される応力場の解析,という二つの研究目的を設定する.本研究課題の遂行により,スーパーコンピュータを用いた高精度な格子欠陥力学場の解析手法確立を目指す.
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1