学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh180023-NAH 高性能・変動精度・高信頼性数値解析手法とその応用
Large-scale Simulations by Advanced Numerical Methods with High-Performance/Adaptive-Precision/High-Reliability
課題代表者 中島研吾(東京大学) /
Kengo Nakajima(The University of Tokyo)
概要 本研究は,最先端のスパコン向けに開発された高性能数値アルゴリズムに対して,半精度から倍精度,倍々精度までの広範囲をカバーする変動精度演算を適用し,精度保証,そのための自動チューニング手法を開発する。開発された手法を様々なアプリケーションに適用することで,低精度を中心とした変動精度演算の科学技術シミュレーションへの有効性を検証する。開発したアルゴリズム,アプリケーションの消費電力の直接測定によって,各計算の特性と低精度演算の有効性を消費電力の観点から検討する。
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1