学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh180021-NAJ 中間質量ブラックホールの理解に向けた星の衝突・破壊 に関する研究
Numerical simulation of stellar mergers, disruptions, and explosions
課題代表者 谷川衝(東京大学) /
Ataru Tanikawa(College of Arts and Sciences, The University of Tokyo)
概要 中間質量ブラックホールは102から105太陽質量程度のブラックホールである.このブラックホールは,大質量星のコア崩壊から形成される恒星質量ブラックホールが銀河中心に存在する巨大ブラックホールまで成長する過程を明らかにする上での鍵となるはずであるが,ほとんど見つかっていない.そのため我々は,中間質量ブラックホールを効率的に発見できる可能性のある中間質量ブラックホールによる白色矮星の潮汐破壊とその熱核爆発,中間質量ブラックホールを直接形成する可能性のある主系列星の合体について,大規模数値シミュレーションを用いて,精力的に研究している.今回はそれらの成果を報告する.また,白色矮星の熱核爆発は様々な状況で起こりうるため,白色矮星が熱核爆発を起こしたからといって,中間質量ブラックホールの潮汐破壊が原因とは限らない.そのため,我々は他の状況で白色矮星が熱核爆発を起こした場合,どのように観測できるかについても研究している.ここではその成果についても紹介する.
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1