学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh180020-ISJ 高分子材料の破壊・構造形成時の2次元散乱パターンとディープラーニング分析技術の開発
Developments of information infrastructure for deep learning based analysis of two-dimensional scattering patterns of polymer materials during fracture and formation processes
課題代表者 萩田克美(防衛大学校) /
Katsumi Hagita(National Defense Academy)
概要 高分子材料の破壊・構造形成時の2次元散乱パターンについて、ディープラーニングをベースとした分析技術を開発するために有用なHPC情報基盤技術の検討を行う。本研究課題では、高分子材料を模擬した大規模MD計算で、SPring-8などの散乱実験で観察される2次元散乱パターンを中心に実験データと内部のミクロ構造の関連をディープラーニングベースで解析する手法開発の効率を向上させるHPC情報基盤的な検討を行う。
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1