学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh180017-NAH 熱中症リスク評価シミュレータの開発と応用
Development and application of risk evaluation for heat stroke
課題代表者 平田晃正(名古屋工業大学) /
Akimasa Hirata(Nagoya Institute of Technology)
概要 熱中症は、周辺環境、服装、活動環境などによって発症するリスクが大きく異なる。これらの影響を考慮し、生体内における各種パラメータ変化を時間的に追跡、熱中症のリスク評価を行い,熱中症予防の普及・啓発への貢献を目的としている。本課題では、太陽光ばく露解析の高精度化を行い、訪日外国人を対象とした熱中症リスク評価の実施に向けて、熱帯・温帯・寒帯地域出身者の代謝量や汗腺数などの相違を考慮したデータベースを構築する。
報告書等 研究紹介ポスター / 最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2018.4.1