学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh160055-NAHI Cerebrospinal Fluid Flow Analysis in Subarachnoid Space
Cerebrospinal Fluid Flow Analysis in Subarachnoid Space
課題代表者 江川隆輔(東北大学) /
Ryusuke Egawa(Cyberscience Center, Tohoku University)
概要 本研究は,くも膜下腔内の脳脊髄液の振る舞いを時間的,空間的に高い解像度で再現することを目指しています.くも膜下腔内の脳脊髄液の振る舞いを理解することは,脳,脊髄・背骨に関係する疾患の発症プロセス解明に極めて重要だとされています.独ジーゲン大学との国際共同研究を通して,ジーゲン大学で開発が進めれている本シミュレーションコードをSX-ACEに実装することで,効率的なシミュレーションの実現に取り組んでいます.

報告書等 研究紹介ポスター最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2016.3.18