学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh160042-NAH 適合細分化格子を用いた格子ボルツマン法による非球形固体粒子との直接相互作用計算に基づいた大規模混相流シミュレーション
A Large-scale multiphase simulation based on direct interaction between non-spherical particles and fluid using Lattice Boltzmann Method with Adaptive Mesh Refinement
課題代表者 青木尊之(東京工業大学) /
Takayuki Aoki(Global Scientific Information and Computing Center, Tokyo Institute of Technology)
概要 固体粒子を多数含んだ混相流は化学プラントなどの流動層で非常に重要な役割を果たしているが、その流体力学的振る舞いは十分に理解されていない。これまでの経験則に基づいた相互作用のモデルを用いるのではなく、粒子間衝突や非球形の粒子形状を考慮する直接相互作用計算に基づく大規模混相流シミュレーションをGPUスパコンで実証する。計算手法はD3Q27型格子ボルツマン方とMRT時間積分を用いる。また、計算安定化のためにLESモデルとして提案されているコヒーレント構造スマゴリンスキー・モデルを導入する。
報告書等 研究紹介ポスター最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2016.3.18