学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh160031-NAH 多結晶粒成長メカニズム解明のためのフェーズフィールドクリスタル法の大規模GPU計算技術の開発
Development of large-scale GPU computing technique for phase-field crystal simulation of polycrystalline grain growth
課題代表者 山中晃徳(東京農工大学) /
Akinori Yamanaka(Tokyo University of Agriculture and Technology)
概要 複数GPUを用いたフェーズフィールドクリスタルシミュレーションの高速計算技術を開発することを主な目的とし, 東京工業大学のGPUスーパーコンピューターTSUBAME2.5において結晶粒成長シミュレーションの大規模計算の実施を目指す.
報告書等 研究紹介ポスター最終報告書
関連Webページ 東京農工大学 山中研究室  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2016.3.18