学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh160028-NAJ Multi-platform Development of Fusion Plasma Turbulence Code Toward Post-Petascale Era
Multi-Platform Development of Fusion Plasma Turbulence Code toward Post-Petascale Era
課題代表者 前山伸也(名古屋大学) /
Shinya Maeyama(Nagoya University)
概要  核融合炉開発上の研究課題であるプラズマ乱流に関して、「京」で最適化した大規模シミュレーションによって、従来のスケール分離の仮定を覆すマルチスケール相互作用が発見された。
 本課題では、まず、メニーコアへの対応および通信オーバーラップ手法の拡張といったポスト「京」世代を見据えたコード開発を進める。次に、それを活用して、次期高性能プラズマを対象としたマルチスケールプラズマ乱流研究を展開する。
報告書等 研究紹介ポスター最終報告書
関連Webページ プラズマ理論研究室(名古屋大学)  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2016.3.18