学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh160024-NAHC PM-2次元散乱パターンRMC法によるSPring-8実験からの3次元構造モデル構築のHPC利用スキーム構築
Construction of the use scheme of HPC to make three dimensional models from experimental data of SPring-8 by particle mesh two dimensional pattern reverse Monte Carlo analysis
課題代表者 冨永哲雄(JSR株式会社) /
Tetsuo Tominaga(JSR Corporation)
概要 SPring-8やJ-PARC/MLF等の小角散乱実験で観察される2次元散乱パターンから、3次元構造モデル構築を行う逆モンテカルロ法解析について、JHPCNのスパコンを利用して系統的に実施するための統合的な解析環境を構築する。今年度は、PM-2DpRMCコードのチューニング、大規模3D-FFTの効率的な実行、遠隔可視化装置の利用、実験データの実証検証を行う。
報告書等 研究紹介ポスター最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2016.3.18