学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh160007-NAJ 次世代降着円盤シミュレータの開発
Development of a Next Generation Simulator of Accretion Disks
課題代表者 廣瀬重信(国立研究開発法人海洋研究開発機構) /
Shigenobu Hirose(JAMSTEC)
概要 降着円盤は、重力天体の周りに形成される回転ガス円盤であり、降着ガスの重力エネルギーを磁気エネルギーや輻射エネルギーに変換するエンジンとして、様々な天体活動現象を駆動している。本研究課題では、この降着円盤におけるエネルギー変換過程を第一原理から理解するために、角運動量輸送を担う乱流や、輻射輸送、一般相対論的効果など、多様な物理を統合的に扱うことのできる「次世代降着円盤シミュレータ」の開発を目指している。
報告書等 研究紹介ポスター最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2016.3.18