学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh150039-NA23 グリーンランド氷床モデルを用いた2.5次元理論地震波形計算
The 2.5-D simulation of seismic wave propagation with Greenland ice sheet models
課題代表者 豊国源知(東北大学) /
Genti Toyokuni(Tohoku University)
概要 北極グリーンランドでは2009年から広帯域地震観測が続けられており,氷床の影響を受けた地震波形が多数観測されている.これらは波形を用いた地下構造解析の際はノイズとなる一方,氷床の内部構造や時間変化を調べる手がかりともなる.本研究課題は,効率の良い理論地震波形計算により,氷床起源の波動場が震源の位置・放射特性等の違いでどのように現れるかを調べ,その生成メカニズムを明らかにすることを目的とする.
報告書等 研究紹介ポスター最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2015.3.23