学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh150015-NA11 分子動力学計算ソフトウェアMODYLASのメニーコアアーキテクチャ対応並列化に関する研究
Optimization of the general-purpose parallelized MD software MODYLAS for many-core architectures
課題代表者 安藤嘉倫(名古屋大学) /
Yoshimichi Andoh(Nagoya University)
概要 本課題では「京」コンピュータおよびFX10上で稼働実績のある汎用分子動力学計算ソフトウェアMODYLASに対して,次世代のメニーコア計算機 (FX100 および Xeon-Phi) の性能を発揮させるためのOpenMP並列/SIMD並列チューニング, およびTofu2への最適化を行う. 本課題をステップとして将来数億から10億原子系での実用的なMD計算を可能にすることを目的とする.
報告書等 研究紹介ポスター最終報告書
関連Webページ okazaki_lab   modylas_web
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2015.3.23