学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh150008-IS01 Xeon Phi・ベクトル計算機へのFDTDコードと電磁流体コードの最適化手法の研究
Study on Optimization of MHD and FDTD Codes to Vector-type and Xeon Phi computer systems
課題代表者 深沢圭一郎(京都大学) /
Keiichiro Fukazawa(Kyoto University)
概要 Xeon PhiはCPU動作コードを変更すること無く動作可能であるが、そのままではXeon Phiの性能は全く出ないことがわかっている。また、SX-ACEは今までのベクトルCPUとは異なり、小さなベクトルチップからなる4ベクトルコア+スカラコアのCPUとなっており、最適化手法が確立されているとは言えない。そこで本研究課題では、電磁場解析を行うFDTDと宇宙プラズマを解くMHDコードを利用して、Xeon PhiシステムとSX-ACEに向けた最適化を行い、その最適化手法をまとめることを目的とする。
報告書等 研究紹介ポスター最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2015.3.23