学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

jh150003-NA02 時間並列化アルゴリズムの新しい方向性と実用例の探索
Explosion of new direction of Parallel-in-Time and applications
課題代表者 萩田克美(防衛大学校) /
Katsumi Hagita(National Defense Academy of JAPAN)
概要 高い並列性能の実現に向け、これまでの並列化方針に加えて、新たな並列化軸として、時間軸での並列化が期待されている。研究代表者および共同研究者らは、これまで、実アプリケーションの立場や基礎検討の立場で、「時間並列化」を検討してきた。今後の発展のため、「時間並列化アルゴリズム」について、系統的な理解を目指すとともに、新しい方向性と実用例の探索を行う。
報告書等 研究紹介ポスター最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2015.3.23