学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

14-NA25 沈み込み帯の巨大地震を対象とした大規模並列地震波・津波伝播シミュレーション
Large-scale parallel simulation of seismic and tsunami waves for the study of mega-thrust earthquakes in subduction zones
課題代表者 竹中博士(岡山大学) /
Hiroshi Takenaka(Okayama University)
概要 2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震(M9)は甚大な地震・津波災害をもたらした。そのため、この地震の断層破壊過程や強震動・津波の生成メカニズムが重要な研究課題となっている。我々はこの課題のために大規模地震波・津波シミュレーション手法(時間領域差分法)の開発を進めてきた。平成26年度には東北沖地震の破壊過程推定や地震波・津波統合計算の研究を進展させるとともに、TSUBAME-2.5を利用して短波長現象の再現性の検討を進める。
報告書等 研究紹介ポスター最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2014.4.3