学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

12-NA13 環オホーツク圏の海洋・大気シミュレーション
課題代表者 中村知裕(北海道大学)
概要 オホーツク海周辺の海洋・大気は日本の気候や北太平洋の海洋環境を左右しているが、近年地球温暖化にさらされて変化しつつある。本課題では、その理解と再現に向けて数値シミュレーションとモデルの高速化チューニングを実施している。今年度は昨年度までの成果を用いて、大気下層雲の高分解能シミュレーション、海洋内鉄循環の経年変動シミュレーション、海洋潮汐混合に関するパラメタ走査実験・3次元数値実験を行う。加えて、大気モデルの高速化チューニングが昨年度で一段落したので、今年度は海洋モデルを検討する。
報告書等 研究紹介ポスター中間報告書最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2012.4.9