学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

12-NA02 高精度行列‐行列積アルゴリズムにおける並列化手法の開発
課題代表者 片桐孝洋(東京大学)
概要 行列-行列積に代表される基本線形計算を集約したライブラリBLAS (Basic Linear Algebra Subprograms) は、多くの線形計算で必須の処理である。しかし、従来の数値計算ライブラリは、演算速度は考慮しているが演算精度の考慮が不十分である。本研究では、大石グループで開発された高精度行列-行列演算に2種のスレッド並列化と、この2種のスレッド並列化に対応できる自動チューニング(AT)機能の実装を行ってきた。本報告では中間報告からの進展として、計算途中で現れる行列の特性に着目し、疎行列演算化を行う実装を提案する。またMPI化について検討し、高精度行列-行列積におけるMPI化の問題となる要因の特定と、その解決法についての検討を行った。
報告書等 研究紹介ポスター中間報告書最終報告書
関連Webページ ABCLib Home Page  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2012.4.9