学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

採択課題 【詳細】

12-DA02 放射線治療に関する計算機統計学的アプローチ
課題代表者 水田正弘(北海道大学)
概要 日本人の年間死亡原因の第一は悪性腫瘍(癌)である。腫瘍の治療法として代表的なものは、外科治療、化学治療、放射線治療である。そのうち、放射線治療による治癒率は年々向上しており、腫瘍の種類によっては、外科療法以上の成績を上げている。
以上の背景により、本研究課題では、腫瘍およびその周辺にある正常組織への放射線による影響を考慮し、放射線による適切な治療計画を作成することを目的とし、計算機統計学的アプローチに基づいた検討を実施する。
報告書等 研究紹介ポスター中間報告書最終報告書
関連Webページ  
無断転載禁止
JHPCN : Japan High Performance Computing and Networking plus Large-scale Data Analyzing and Information Systems
Update:2012.4.9